女性の育毛に応える「マイナチュレ」の成分

ひと口に薄毛と言っても男性と女性ではメカニズムが違います。女性の場合は年齢と共にホルモンバランスが乱れてしまうこと、またカラーリングやパーマなどで頭皮環境が乱れてしまうことなどが大きな原因となっています。

マイナチュレはこうした女性特有の薄毛の原因に着目して開発された育毛剤です。

マイナチュレには女性の薄毛を改善するさまざまな成分が含まれています。その中心となるのは天然日高沖産の三石昆布。海藻が髪に良いということはよく言われていますが、中でもβカロテンやビタミンB2、亜鉛などが多く含まれている三石昆布は髪の成長を助ける上で大きな働きが期待されます。

また、髪を生やす元である毛根に必要な栄養分をたっぷりと与えることも重要です。マイナチュレにはPCA-Naやリシンなどをはじめとする10種類のアミノ酸を配合。アミノ酸は細胞の活性化には欠かせない成分で、頭皮にしっかり与えることで髪の成長を助けてくれます。

さらにセンブリ・グリチルリチン酸ジカリウム・酢酸DL-α-トコフェロールなども配合。香料や色素など頭皮にダメージを与える化学成分は排除しているので、これらがより効果的に働くことが期待できるほか、敏感肌の方でも安心して使えるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です